リモートワーカーのメンタルヘルス

tesaki | 2020.09.01 Tuesday | 22:22 | ”こころ”にかかわる | comments(0) | - |

 リモートワークの職場が増えているといわれていますが

みなさんの職場はどうでしょうか?

 

 私の周りでもいろいろです。

全然会社に行かず在宅勤務という方もいれば、

普通に出社してますという方も。

 

 業務内容によってもリモートそうじゃないかも違うようですね。

東京商工会議所の「テレワークの実施状況に関する緊急館ケート」によると

緊急事態宣言発令以降テレワークは67.3%と急増」ということです。

<調査内容>

調査期間:2020年5月29日(金)〜6月5日(金)

調査対象:東京商工会議所会員企業12,555社(回答数:1,111社(回答率8.8%)

調査方法:FAXによる調査票の送付、FAX・メール・WEBによる回答/メールによる調査の配信、WEBによる回答

 

従業員規模別では

従業員30人未満の実施率は45.0%であり、

300人以上では90.0%と従業員規模が大きくなるに従い、実施率は高い結果。

 

で、この結果がどうメンタルヘルスと関わるかというと

もともと職場の人間関係でメンタル不調だった方は、

職場の人間関係がリモートワークいより最低限になったため

回復傾向になっていることもあるようですが・・・

 

「え、あの人が?」

という方がメンタル不調を起こすということも増えているようです。

・リモートワークによる業務の増加

・残業時間の増加

・連携不足による業務ミス

・コロナ感染への恐怖

・孤独感

・家族との関係

などが大きくは挙げられます。

 

 これ以外にもその人それぞれの個人的要因もあり

「自分はならない」

「あの人は平気でしょ」

という方もメンタル不調を起こすことがあります。

 

毎回同じ話で恐縮ですが、

 いつもと違う

に気づくことが大切です。

 

自分のいつもと違うに気づいたら

家族のいつもと違うに気づいたら

同僚のいつもと違うに気づいたら

部下(上司)のいつもと違うにきづいたら

 

「自分は大丈夫。」

「あの人は大丈夫。」

ではなく、違う自分を、違う相手を認めていきましょう。

そして、話をしてください。

自分のことを誰かに話をする

相手に声掛けをする

 

話をすることで、あなたが変わります。

話を聴くことで、相手が変わります。

とうとう手を出してしまいました・・・

tesaki | 2020.08.26 Wednesday | 10:22 | 季節を楽しむ | comments(0) | - |

 とうとう手を出してしまいました・・・。

それは、自宅で私の大好きなアレが作れるもの!

です。

幼いころは、夏になると母がアルミの円柱状の容器に

お水を入れ冷凍庫に入れて大きな氷の塊をつくり

作ってくれました。夏の思い出・・・

 

 そう、アレ、とはかき氷です〜。

 今年は、外出が自粛になったり、花火大会も、夏祭りも、盆踊りも、

色んなことが中止になった夏

 

 そんな中でも、自分の好きなことをしたり、好きなものを食べたり

していますが、TVや動画配信などでもかき氷屋さんを取り上げる番組、

多かったですね。

先月行ったときには、そんなに並んでいなかったのに、

最近行ったら

長蛇の列!

なんてこともありました。

こんな暑い中、並んで待つなんてできない!

それもあんなに若くまぶしいキラキラした女性達の中に並ぶなんて・・・

と思い、並ぶのを断念したその日に購入しました。

いわゆる代償(代替)行動ですね(笑)。

 

 かき氷気も人気商品のようで、某有名インターネットサイト直営店で

購入したのですが、配達予定日になって突然、

「在庫がなく配達できなくなりました」

と連絡が!

楽しみに今か今かと待ちわびていた私にとって、かなりのショック!!でした。

発送しました連絡がなかったので、おかしいなとは思ってたのですが・・・。

一縷望みをかけ、大手だし、TWなどで連絡が間に合ってないだけだろう

と自分に言い聞かせてたのに、悲しいお知らせ。

「入荷次第、発送します。」

・・・。

 

 その後ちょっといろいろありまして、やっと届きました!

早速お水を凍らせ待つこと数時間。

トッピングは・・・

私は、もちろんこれ↓です。

黒蜜きな粉〜!!

もうすでに残暑に入りましたが、開けてしまったきな粉は

早いうちに食べないと!

ですから、これから毎日食べようと思ってます♪

 

ちなみに今朝の朝食もこれです。

 

好きなものを好きなだけって

すっごい贅沢ですよね〜。

 

 

ハラスメントの研修で思うこと・・・

tesaki | 2020.08.22 Saturday | 10:22 | - | comments(0) | - |

 ハラスメントの研修の最中、受講者の方がよく口にする言葉で

 

なんでもハラスメントとなりそうで、なにもできない

 

 この言葉を聞くと私はイェイツ(William Butler Yeats:アイルランドの詩人)の

詩を思い出します。

 

”The Second Coming”

という詩の中の一節です。

この詩は、再臨、再生と訳されています。

 

 The best lack all conviction, while the worst
   Are full of passionate intensity.

 

 私はあまり英語が得意ではないので、色んな訳し方があると思いますが、

 最良の者たちはあらゆる確信を見失い、

 最悪の者たちは情熱に満ちている。

と訳します。

 

ハラスメントの研修を行うと

ハラスメントをしないようにとする人

 ハラスメントにならないためにどうしたらいいかと 確信を見失い

 

ハラスメントを起こしている、起こす人は

 ハラスメントになっていないと強い思い込みを持っている

 ハラスメントと知っていて悪意を持って行う

 

私はいつもこの詩が浮かんできます。

で、前述のこの言葉、

なんでもハラスメントとなりそうで、なにもできない

この言葉が出てくるということは、

確信を見失っている"最良の者たち"が研修の場にいる

安堵します

 

 そしてまた、ハラスメントが起こるということは、最悪な者たちがいる。

人間の本質は年月を経てもそんなに変わらないものなのだ

落胆します・・・。

 

イェイツがこの詩を完成したのは、第一次世界大戦終了後の1919年1月。

1920年11月に発表されています。

 

 100年の時間を超えて、なお今にも当てはめることができる・・・。

詩人が偉大な先駆者なのか、人間はなかなか変われないのか

それとも私のこじつけなのか・・・。

 

 最良の者たちはあらゆる確信を見失い、

 多くの「最良の者たち」の、現状に満足せず、確信をもたず

己を疑い、もっと何か、もっとよいものを、もっともっと・・・と

自己研鑽していく姿勢があったから、私たちは便利な世の中生きられる

 

 最悪の者たちは情熱に満ちている。

 最悪の者たちだからこそ、ゆるぎない情熱で悪事を起こし

犯罪はなくならない…。 

 

 以前、<自然は真空を嫌う20200525と書きましたが、

善と悪

両方あって完全だと考えれば、両方があるからこそ

人は進化し続けていけるのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

なんとか観に行けました。〜ナショナルギャラリー展〜

tesaki | 2020.08.18 Tuesday | 10:22 | ”こころ”にかかわる | comments(0) | - |

行ってきました!!

 

楽しみにしていたのですが、開催延期になったり自粛になったり

時間指定券を購入しなければ、入れないかも知れないなど色々ありましたが

なんとか乗り越え、行ってきました。

上野の国立西洋美術館

 

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

 

特段これ!という好きな作品があるわけではないのですが

先人たちがどのような思いで作品を作ってきたのか、

その作品に賭ける情熱

作者が見た風景、世界

などに思いを巡らせるのが好きなんです。

想像力?妄想力?を発揮します(笑)

今回の来日の目玉は、ゴッホのひまわり

なんでしょうね。チケットやパンフレットにも使われているので。

そんなに美術に詳しくない私も名前を知っている作家や作品が

たくさんあり、結構見ごたえがありました。

 

時代背景によって同じ作者でも作風が変わったり、

その当時の流行があったり、

海外に観に行くことができない今、開催にはさまざまな対応が求められたり

して大変だったと思いますが、開催してもらえて私はうれしいです。

 

 定期的に、日常から離れ別世界に自分を置いて、

リフレッシュしている私にとっては大切な時間。

 

特に今は、外出が制限されていたり、人が多く集まる場所に行けなかったり

花火や盆踊りに行けなかったり・・・

時間の流れを忘れ、ゆったりと過ごすことができる場所。

それでいて、刺激を受ける場所。

 

 今年は、遠出ができないですし、猛暑?酷暑?なので、涼しく

世界の旅時間の旅、こころの旅

できる美術館、いかがでしょうか?

 

作品を観て、どのように、受け取るか、

感じ、想い、考えるか・・・

 

深く考えずに、”感じる”が、私は好きです。

 

 

 

 

 

暑い夏は、やっぱりこれ! つづき

tesaki | 2020.08.14 Friday | 10:22 | 季節を楽しむ | comments(0) | - |

 前回、最後に書いたように、建物の中で”涼”を取っていた

私の目に飛び込んできたのは

 

日光 四代目 徳次郎 

 

こ、これは、いつかは行ってみたいと思っていた日光にある

天然氷を使用したかき氷屋さん!

イベントで、そのビルの地下に来ている(出店している)と

いう案内でした。

 

今の私には、氷の神様がついている!!

 

そのまま、地下に行って「2杯目のかき氷を!」とも思ったのですが

同行していた友人に「今はやめときなさい。」と促され、本日の本来の目的が

終わった後に行くことにしました。

 

ということで、本来の目的地へ向かいました。

本来の目的については、また今度書くことにして

約2時間強程時間を空けて、

いざ四代目 徳次郎

地下のスペースに店舗とイートインスペースがありました。

そして、私はここでも黒糖で作った黒蜜シロップ。

これ、実物でお見せできないのが残念ですが

この大きさでハーフサイズなんです。

 

写真では見ずらいですが、四代目徳次郎さんのかき氷は

「日光天然氷のかき氷

かたくて溶けにくい天然氷。

かき氷にするとフワフワで

口に入れるとすぐ溶けてしまいます。」

 

ほんとその通りで、溶けにくいのですが、口に入れると

サーっと無くなります。

普段冷たいものを飲むだけでも、頭が痛くなる私ですが

頭が痛くなることなく、完食。

 

最近、大丈夫になったのかしら?と思うくらいですが、

先日、黄金色の泡の出る飲み物を一気に喉に流し込んだ時

ズキンとなりました・・・。

 

最近食べているかき氷は、いい氷のようです。(笑)

 

 

 
このページの先頭へ▲
<< | 2/91ページ | >>