<< ソシオパスは魅力的!?  | et cetera; top | テレワーク中のコミュニケーション >>

ソシオパスは魅力的!? 続き

tesaki | 2020.06.11 Thursday | 22:22 | ”こころ”にかかわる | comments(0) | - |

 続きは次回に、と書きながら少し時間が空いてしまいました。

すみません。

 

前回はソシオパスの特徴について、書いていましたが

どうでしょう?みなさんの周りにもこのような特徴の方

いませんか?

 

私は前回挙げた

自我の肥大 

 自分は自分、愛されるべき一個の個人と思ってます。

 

衝動的に行動

 たまに楽しいことを優先して衝動的になってしまうことも・・・

 

自責の念や羞恥心の欠如

 あの出来事が起きたのは仕方ない事、自分は悪くないと

 思うこと(思い込もうとすること)も多々・・・

 

うん?私もソシオパス?

いいえ、私はじっと見られたら、目線を外しますし

社会のルールや規範もどちらかというと守る方です。

自分を責めて鬱々とすることもあれば、うそが下手で

だいたいバレます。

 

 それに何より、私には「有意義な内面世界」があります。

自分の感情の世界もそうですが、相手の感情世界を理解

しようとし、想像し、感じとり、一緒に共有すること。

「できている」とまでは言い切れないかも知れませんが・・・。

 

 まあ、あとはカリスマ性なんてものは持っていませんし(笑)

魅力的でも・・・

自分で言っていて悲しくなってきたので、話を変えます。

 

 前回書いたように、カリスマ性があったり、魅力的だったり

するので、周りにいる人や好意を持つ人はかなり振り回されます。

 

 モラハラやパワハラ、DVにつながることも。

特定の人は攻撃される対象になりますが、周囲の人には

とてもいい人

に映る場合が多いです。

 

この場合、被害を受けている人は、周りの人に理解されず

つらい思いをしたり、

「自分だけにあの人は感情をぶつけることができる」

「私にだけ心を許している」

というように自分が耐えればいいというように

DVをされていても気づかないことも。

 

「もしかして、あの人・・・」

と思う方がいたら、なるべく敵意を向けられないように

行動することと、

(罪悪感がないのと、人を陥れることに対して抵抗がないので)

「あの人には、あの人のルール、私には私のルール」

と、線引きをして必要以上に反応したり、傷ついたり、

巻き込まれたりしないようにしましょう。

 

そして、一度、冷静に

「感情をぶつけてくるあの人に、あなたの感情はぶつけられますか?」

「あなたの大切な感情世界(楽しいこと、つらいこと)、内面を理解し

  共有しようとしてくれますか?」 

などを考えてみましょう。

 

 ソシオパスと呼ばれる人々は、意識的になろうとしてなるわけではなく

教育や社会の影響を受けて生きていくために形成されていくので、

本人自身もなぜかわからず、苦しんだり生きづらさを感じていることもあります。

「自分がそうなんだ」と知ることで、生きやすくなったという方もいました。

 

  因みにマーサ・スタウト博士(ハーバード大学の心理学者)によると

米国人の場合、25人に1人はソシオパスだそうです。

まあまあな割合ですね。

 

 自分自身を理解し、そして理解してくれる人がいると、

人生はより豊かなものになっていくと思います。

 

 今はまだいろいろと難しいかもしれませんが、話(会話)をしないと

理解はできません。

以心伝心は、今はもう過去の話です。

さまざまな文化や生活様式の変化、環境の違いや個性の違い、などなど

同じ出来事でも、受け取り方は千差万別。

 

互いに話すことで、理解し合い、よりよい人生にしていきたいですね。

 

 あー早く、友人や知人と会って話をしたいです~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする