<< ちょっとひと息  | et cetera; top | みなさんの周り >>

眠れないとき

tesaki | 2020.04.18 Saturday | 10:22 | - | comments(0) | - |

 眠りたいのに眠れない・・・

そんなときありますよね。

 

 私は結構寝つきが悪い方です。

特に最近、肉体的に疲れることも少なくなかなかすぐには眠れません。

私の場合一日を振り返る時間はベットの中なので、ぐるぐる・・・

先日もコロナ不安でぐるぐる・・・

その時は眠くなる成分入りの風邪薬を飲んで寝ちゃいましたが

何の症状もないのに、眠れないという理由で薬を飲むのはいやですねよ。

 

 睡眠の質を上げるために、ということはご紹介しましたが、

「明日早いんだから寝なきゃ!」

とか、

「試験があるから睡眠も!」

とか、今だと

「免疫力上げるためにもしっかりと睡眠を!」

色んな理由で、今すぐ眠りたいという方もいらっしゃると思いますので

そんなときの対処法をいくつかご紹介したいと思います。

 

機4-7-8呼吸法

 アンドリュー・ワイル医学博士(ハーバード卒)が提唱したという呼吸法です。

 結構いろいろなところで取り上げられているので、ご存じの方も多いかも知れませんね。

 あのA首相も健康法として取り入れてるとか?!

 

 やり方は簡単です。

 1、息を完全に吐ききります。

 2、鼻から息を吸いながら4つ数えます。

 3、息を止めて7つ数えます。

 4、8つ数えながら息をゆっくり吐きだします。

   1〜4を繰り返します。

大きく息を吸ったり、吐いたり、腹式呼吸の基本ですね。

それを4、7、8のテンポで行います。

 

供∧瞳骸或臾暇

  なんでもこの方法は、第二次世界大戦中、多くの米軍のパイロットが睡眠不足に陥り

  重大なミスを起こしていたということで、米軍飛行前訓練学校でどんな状況下や環境でも

  昼夜を問わず眠れるようにと、パイロットに必要な休息がとれるようにと開発した方法

  ということです。 

  1981年に出版された本『Relax and Win: Championship Performance』で紹介されたそうです。

  

 やり方は自律訓練法と同じです。

 1、ゆっくりと深呼吸。顔の筋肉や、額や顎、目の周りの緊張を解き、リラックスします。

 2、身体をリラックスします。ゆっくりと深呼吸をしながら片方ずつ腕に意識を向け、力が抜けていくイメージをします。

   両腕をおこなったあと、上半身の全体から力が抜けるイメージを。

 3、2と同じように今度は太腿からひざ下まで力が抜けていくイメージを。

   こうやっ全身をゆっくりリラックスしていきます。

 4、「考えるな」と数回繰り返す。(この辺が米軍って感じですね。)  

 ↑これ、ヒプノセラピーを受けた方なら「アレ?」って思いますよね。

 そうです。ヒプノセラピーも同じようにリラックスしていきます。違いはセラピストが誘導するという点です。

 リラックスしてそのまま眠るか、自分のこころに向かい合うか、の違いですね。

 

 誘導の時に、寝落ちしてしまう方も何人もいますので、この有効性は高いです。

 だってみなさん、知らない人と会ったばかりで、2人きりのなか眠れますか?

 本来だったら無理ですよね。でも実際にはリラックスして寝てしまう方もいます。

 米兵が戦場下で眠れるなら・・・寝ちゃいますね。

 セッション中は申し訳ありませんが、起こしますけど。

 

掘頭を冷やす

 古来から言われている頭寒足熱ですね。

 頭を冷やして、足元を温める。

 今は冷却シートや保冷剤なども、とても良質のものがあり、頭に巻けるタイプなんかもあります。

 脳の神経を冷やすことで休め、寝つきをよくするそうです。

 よく頭から湯気が出るようなイラストとかありますよね。

 オーバーワーク気味な脳を物理的に収めていきます。 

 

検⊆蠹てをする

 これは眠れないときに、私が一番よくやる方法です。

 両掌を使い、自分の身体に「手当」をしていきます。

 

 やり方は、両掌を頭から順番に身体に当てていきます。

 1、両掌で顔全体を覆うように手を置き、数十秒数えます。

 2、頭頂部に指先、手首がこめかみに来るようにして手を数十秒当てます。

 3、後頭部を両掌で包むように、または上下になるように手を数十秒当てます。

 4、両掌で顎を包むように手を当てます。(中指が耳の下に来るように)同様に数十秒。

   以降、胸(肺の辺りと横隔膜の辺りの2か所)、お腹、鼠蹊部と下におろしていきます。

   日本発祥のヒーリング方法です。自分で自分を癒してみましょう。

 

これ以外にもいろいろありますので、ご自身に合った入眠の方法探してみては

いかがでしょうか?

切った玉ねぎをそばに置くなんてのもあります。(アリシンの効果)

できれば何日か続けて行うことをお勧めします。

もちろん、無理ない程度に。

特に、呼吸法は無理すると、苦しくなってリラックスどこではなくなりますので。

 

 

 

コメント
コメントする