<< ネット コミュニケーション  | et cetera; top | 芸術鑑賞 >>

男性の表情は誤解されやすいのでご注意を。

tesaki | 2012.02.17 Friday | 08:22 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
  昨日、表情が伝わらないネット上のコミュニケーションは
注意しましょうということを書きましたが、今日はその表情に
ついて少し・・・。

 表情はコミュニケーションで大切ですが、誤解もしやすい
いう話です。

 特に男性の「悲しみ」の表情は、「嫌悪」「軽蔑」と誤解され
やすく、その確立は45%という数字が実験で出ています。
(吉川左紀子氏「表情は送り手の感情を性格に伝えられるか?」)

 悲しんでいるのに、「馬鹿にしているの?」受け取られて
しまったら・・・辛いですね。


 女性の場合は「嫌悪」や「軽蔑」の表情が「幸福」や「悲しみ」
誤解される確立が20%
この場合、嫌がっているのに幸せそうと思われてしまうということです。

 良く伝わる表情としては、
男性は「怒り」「驚き」「軽蔑」
女性は「幸福」「悲しみ」
です。

 表情から読み取るということも大切ですが、その読み取りが誤っている
こともあり 「言わなくてもわかっている」は、「思い込み」になってしまう
場合も。
 
「言わなくても伝わっているはず。」ではなく「言葉で伝える」ことが
大切です。

 表情だけで伝えたつもり、わかったつもりにならず、自分の言葉と
表情
で気持ちを伝えていきましょう。
 
コメント
そうですね、徹さんのコメントのように女性の誤解されやすい感情と
伝わりやすい感情はどちらも「幸福」と「悲しみ」ですね。
人は女性の「幸福」や「悲しみ」を敏感に察知しようとするようですね。
| tesaki | 2012/02/17 5:33 PM |
女性の、誤解されやすい感情と伝わりやすい感情が一緒なのは大変ですね。
| 徹 | 2012/02/17 5:10 PM |
コメントする
 
この記事のトラックバックURL
トラックバック