香りと脳

tesaki | 2019.06.19 Wednesday | 10:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |

 いい香りを嗅ぐと気分がよくなったり、すっきりしたり

リラックスしたりと香りによって、気分が左右される

ことってありませんか?

 

 香りは、大脳辺縁系に直接作用すると言われています。

この大脳辺縁系には、感情をつかさどる「扁桃体」

記憶の中枢である「海馬」があります。

 

「いい香り」

気持ちがすっきりしたり、リラックスしたり

やる気が起きたり...

「懐かしい香り」

 香りによって、その時の記憶が蘇ってくる...

「○○さんの香り」

 香りによって、特定の人のことを思いだす...

 

様々な香りによって引き起こさる感情や記憶、それは香りが

大脳辺縁系に作用しているからです。

 

 不安や緊張を和らげる方法は、様々な方法がありますが、

香りもその一つの方法といえます。

 

 私も人で話す時緊張するので、緊張感を和らげるといわれている

香りを嗅いだり、自分の好きな香りのハンドクリームを使ったり

します。

 

 最近は色んな香りを楽しめるグッズがたくさんありますね。

アロマディフューザーやアロマキャンドル、エッセンシャルオイル、

柔軟剤にも素敵な香りのものがあったり、お部屋の芳香剤も

いろいろなものが売っています。

様々な香りの効果を実感している方が増えてきているようです。

もちろん、香水やオードトワレ、オーデコロンのような以前から

ある”香り”もあります。

 

 人の嗅覚は古くからとても重要な役割を果たしているそうです。

重要な役割であるとともに、複雑でもある...。

脳科学者の茂木健一郎氏は

「視覚であれば3つの波長(3原色)の組み合わせで感覚を作っているのですが、

嗅覚の場合は少なくとも100種類以上。視覚とくらべても複雑で豊かなんです。」

と語っていました。

 

 複雑であればあるほど、個人差が出ます。

ひとりひとりの脳の歴史が違えば、香りの好みにも違いが出ます。

ある人は「いい香り」と思う香りでも別の人には「嫌な香り」と

なることもあります。

 

 嗅覚は、感覚の中でも早く適応しやすいので、同じ香りの中にいると

香りに慣れて感じなくなることも。

 

 自分が「好きな香りに包まれていたい」と思っても、周りへの配慮も

忘れずにいたいですね。

 

 これから雨が多くなり湿気の臭いを感じたり、じめじめとしたり、

蒸し暑くなったりする時期です。

好きな香りを探しておいて、気分を変える手助けにしてみては

いかがでしょうか?

 

 

 

私のストレス解消法

tesaki | 2019.06.12 Wednesday | 10:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |

 みなさんはご自身のストレス解消法ってありますか?

 

 先日、ある方に

「色んな方の話を聴いていると自分がメンタル不調になりませんか?」

と質問されました。

 

 以前共感性疲労についてご紹介しましように、私もメンタル不調に

なりそう?なってる?時もあります。

 

 そこで私は、生活の中で結構多めに「楽しみ」を入れたり、

その日のストレスはその日に解消するようにしています。

 

 例えば...

楽しみ

色んな新しいことや好きなことをすること

先日の東京で一番大雨だった日、友人達と日比谷公園で世界の

ビールを飲んでました。雨なのに...

大きなテントがあるので、雨はしのげますが、風が強い!

そんな悪天候だからかとっても空いていて、ゆっくりとビールを飲めましたし、

本当なら自分でビールを店舗まで買いに行くシステムですが、店員さんが

レインコートを着て座っているベンチまで運んでくれました。

雨の日サービスですね。

「こんな雨の日に!」

と友人たちと笑いながら過ごしてました。

そこそこ楽しんだところで、屋内のお店に移動しましたが。 

 

その日のストレスはその日のうちに

人前で話すことがとても緊張する私は、人前にでることがかなりのストレスです。

なので、15名以上の方の前で話す時は、必ず終わった後

友人や先輩カウンセラーの方と会う予定を入れます。

緊張したこと、失敗したこと、うまくいったこと、様々な話をします。

普段話を聴く仕事をしているので、自分の話を聴いてもらえることで

かなりすっきりします。

 

 あと一般的な代表的なストレス解消法は歌うことと踊ること。 

高度成長期の日本であんなにカラオケが流行ったのはそのせいかもって

私はいつも思います。

<久々に・・・20130326>___________________________

 カラオケは、複式呼吸になり酸素を多く取り込みやすくなったり、情景を描いたり
感情をイメージすると前頭葉が活性化しドーパミンの分泌を促進したり、また他の人が
歌っているのを聞くことで新しい発見になったり、歌ってみることで脳の訓練にもなる
ことが、最近の研究で解明されてきました。

 他にも得意な歌をお腹から声を出して歌うことや、口を大きく開けて歌うことで
セロトニン神経が活性化したり、歌詞に共感して感情が高ぶったり、その歌を
聴いていた当時を思い出して泣いたりと、感情の表出を行うことがストレスの
発散やカタルシス効果
を生みだします。

 文字を声に出して読むことで、理解力やコミュニケーションの能力が向上し、
笑顔が増えるとも言われます。

________________________________________

 

 みなさんもご自身のストレス解消法の種類を増やして

色んな場面で解消できるようにしていきましょう。

 

 これから雨が多くなって外で楽しむことが難しくなってくる時期ですね。

そんな時は、

「カラオケ行かない?」

というのもいいかも知れませんよ。

 

 

社交不安障害をセルフチェック

tesaki | 2019.06.05 Wednesday | 10:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |

 社交不安障害かな・・・

 

かなり以前から、このブログの中でもいろいろと書いてきていますが

私は人前、複数の人の前が苦手です。

 

 研修講師のお仕事をさせていただいているのですが(笑)

周りの方からは、「人前が苦手」には見えないそうです。

(セラピストやカウンセラーの中には、「人前が苦手」という方、

結構いるんですよ。)

 

 人前で緊張したり不安になったりするのは、ごく自然なことです。

誰もが経験あると思います。

しかし段々と慣れていったり、対応方法を見つけたり、何度か繰り返す

うちにその場面が平気になっていきます。

 

 社交不安障害は不安障害のひとつです。

人から注目を集めるような場面などで、強い不安を感じたり恐怖を

感じ、それが身体症状に表れるものです。

緊張状態が続き、汗を大量にかいたり、震えたり、息苦しさを

感じたり、どきどきしたり。

そんな場面を避けるようになったり、失敗を考えて体調を崩したりと

日常生活が送れなくなる場合もあります。

 

 昔は結構、上記の中の強い不安や息苦しさを感じたりすることが

多かったです。前日不安で眠れないとかもありました。

 

 知人の医師にも話したことがあるのですが、

「確かに少しそのけはあるかもね。でも仕事できてるんでしょ。」

とのことでした。

 

  今は色んなサイトがあって、いくつかの簡単な質問に答えるだけで

「該当する項目が、○○以上だと疑いがあります。」

なんていうのもあります。

私も3つくらいテストしてみました。

結果は「疑いがある」に...。

 

 今のところ、汗を大量に書いたり、不安に押しつぶされそうになって

日常生活が送れない、というほどではありませんが、やはり根本には

あるのでしょうね。

私の場合は、人前に立つことが多いので自然に行動療法を行っている

のかな?

 

 不安は1人で抱えていると大きくなるという特徴があります。

ぐるぐると頭で考えているとそれにとらわれてしまい、どんどん大きく

なっていきます。

不安なときは誰かに聴いてもらうと、不安が整理ができて少しすっきりしたり

自身の中で大きくなりすぎません。

「不安が大きい」と思っている方は、周りの人に話してみてください。

 

 ということで、明日も頑張って人前で話してきます。

ちなみに私は、「人前で緊張しています。」と早い段階で自分の外にだして

しまいます。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表情について  〜メラビアンの法則〜

tesaki | 2019.05.29 Wednesday | 22:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |

 甘いものが食べたくてカプリコを食べようと

包装を取りいざ食べようとしたとき、

 

「ひゃ〜」

っと、あまりの衝撃に声が出てしまいました。

 

 

思わず撮ってしまいました…。

 

なんか怖くないですか?

私にとっては、いつも食べるカプリコ顔が描かれていたのと

このビジュアルでショックを受けました。

慌てて包装を確認したところ、「カプすけ」というキャラクターで

会えた人はラッキーだそうです。

ラッキーなんですかね?ちょっと食べるのに躊躇しましたけど...。

 

ハート型の目でラブリーなピンク色。くちばし的な口元もキュート...。

なぜ私は怖かったのでしょうか?

 

考えてみると表情がない?からかなと。

目元のハートが黒目が上に向いているように見え、口角がまっすぐ。

ないはずのものがあるから驚いたのはもちろんですが、私には表情がないように見えました。

表情については、

<うそがない様子・・・(20130517)>

男性の表情は誤解されやすいので・・・(20120217)>

<顔面フィードバック(20120601 )>

でもご紹介してきましたが…

 

 みなさんはメラビアンの法則ってご存知ですか?

 Verbal    7% 言語情報(話の内容、言葉そのものの意味)

 Vocal  38% 聴覚情報(声のトーン、大きさ、スピード、口調)

 Visual 55% 視覚情報(表情、視線、しぐさ、見た目)

「人は見た目が9割」ということも言われていますが、この法則が根拠とも?!

 

頭文字をとって「3Vの法則」とも呼ばれます。

アルバート・メラビアン(カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)心理学名誉教授)

が、”コミュニケーションの際、話している内容と、声のトーンや態度に矛盾があった時

人はどんな受け止め方をするか?”という研究をし、法則化したものです。

 

 この法則はコミュニケーションや営業、面接対策の研修やセミナーなどで

幅広く使われています。

「言語情報ってそんなに通じないもの?」

というわけではありません。あくまでもこの研究は

どちらともとれる情報を送った場合という実験であり、

事実や指示命令を伝える場合の実験ではありません。

「視覚」「聴覚」「言語」が矛盾した状態で与えられたときに、

人はどれを優先して受け止め、感情や態度を判断しやすいか

というものです。

この3つが一致するとき、相手により強く正しく情報が伝わります

 

私たちは色んな事情により、しばしば一致しないで情報を伝える時がありますが、

正しく伝えたいときは、3つが一致している状態(素直な自分)で伝えたいですね。

 

 

 

 

 

久々の地震

tesaki | 2019.05.25 Saturday | 22:22 | - | comments(0) | trackbacks(0) |

 皆さんは今日の地震、お気づきでしたか?

私は都内某所の建物の7階にいたのですが、結構な揺れを感じました。

同じ建物内の1階の方にお話を伺ったら、あまり揺れを感じなかったとのこと。

結果的にその場所の震度は「震度3」

 

 で、ちょっと調べてみました。

震度0  人は揺れを感じない。

震度1  屋内で静かにしている人の中には揺れをわずかに感じる人がいる。

震度2  屋内で静かにしている人の大半が揺れを感じる。

震度3  屋内にいる人のほとんどが、揺れを感じる。

震度4  ほとんどの人が驚く、電灯などのつり下げ物は大きく揺れる、

     座りの悪い置物が、揺れることがある。

震度5弱 大半の人が、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる。

     棚にある食器類や本が落ちることがある。

     固定していない家具が移動することがあり、不安定なものは倒れることがある。

 

 もうすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、詳しい情報が欲しい方は

気象庁のHPへどうぞ。地震発生から1分半後に各地域の震度を速報でお知らせ

しているとの事です。

 

 上記に当てはめると、7階の揺れは「ほとんどの人が驚く、電灯などの

つり下げ物は大きく揺れる」の「震度4」の状態でした。

最近あまり大きな揺れを感じることが少なくなってきていたので、

今日の地震で、改めて災害対策の見直しをしようと思いました。

備えあれば憂いなしですからね。

 

 先日大雨が降って急に暑くなって…

地球がおどろいているのかな?

明日も暑そうですね。皆さんお身体ご自愛ください。

 

 

 

 

 
このページの先頭へ▲
 | 1/69ページ | >>